新たな三大夜景ブランドが誕生!

世界で唯一の夜景専門団体である(一社)夜景観光コンベンション・ビューローが、2019年10月18日「夜景サミット2019 in静岡」のメイン企画として、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて新たな三大ブランド「富士三大夜景」を発表しました。日本の象徴である「富士山」を取り巻く美しき夜景を国内外に広くPRすべく、独自認定した三大プロジェクトのひとつです。


新倉山浅間公園/山梨県富士吉田市
新倉山中腹に位置する公園で、五重塔”忠霊塔”越しに雄大な「夜富士」を望める視点場として認定。春の夜桜とのコラボレーションも見どころで、その風光明媚な夜景は海外からも絶賛されています。
日本平/静岡県静岡市
県内外から人気の高い夜景スポットで、眼下に静岡市街やオレンジ色の清水港が広がり、正面の富士山と見事に競演。夏は花火が夜空に彩りを加え、多彩な光景で多くの人々を魅了しています。
江の島展望灯台(江の島シーキャンドル)/神奈川県藤沢市
「日本夜景遺産」「日本三大夜灯台」に続く新ブランドを獲得した同施設ですが、最大の価値こそ、富士山と共に夕景から夜景へ移ろいゆく情景です。時を忘れるほどの魅力を一度は見るべき!